新刊発売キャンペーン!
2,980円の書籍を今なら無料でどうぞ!


※送料・手数料550円のみご負担ください

新刊発売キャンペーン!
2,980円の書籍を今なら無料でどうぞ!


※送料・手数料550円のみご負担ください
  • あなたは、本を書いたり、人に何かを教えてみたいと思ったことはありませんか?
  • あなたの知識や経験、熱中していることを題材にしたコンテンツを作って、ネットで発信してみたいと思ったことはありませんか?
  • あなたは、オンラインビジネスを構築して、好きなときに好きな場所で働けたらいいな、と考えたことはありませんか?

そして、他の人たちが具体的にどうやって「デジタル商品」を作って、オンラインビジネスを運営しているか、知りたいと思ったことはありませんか?

デジタル商品でオンラインビジネスをしている人からの驚くべき実話
※個人の感想で成果を保証するものではありません

  • 「私はデジタル商品が気に入っています。変動コストはありませんし、時間も関係ありません。商品が10個売れたか1万個売れたか、ビーチで仲間とビールを飲みながら、ネットで売上をチェックできます」
  • 「まるで夢の世界です。デジタル商品を販売するオンライン・ビジネスは、本当に最高だと思います。私は自分がやっていることが好きですし、もう以前のように1日12時間も働いたりすることもありません」
  • 「理想のライフスタイルが維持できていて、恵まれていると思います。自分にも家族にもすべてが可能だと思えています。欲しかったものはすべて手に入れ、それ以上です。だから今は、人の役に立つことに努めています」
  • 「前から知ってはいました。他の人たちがオンライン・ビジネスで稼ぐのを見てきました。でも、自分には無理だと思っていました。それが現実になったときは最高でした。寝ている間に私のデジタル商品が初めて4つも売れて、朝起きてそれを知ったときには最高の気分でした。文字通り現実になりました。これが人生です」

デジタル商品とは何か?

デジタル商品とは、「読む」 「聞く」「見る」ことができる教材のことを指します。例えば、電子書籍、ビデオコース、オーディオコース、会員サイトなどなど。 このなかにはあなたがデジタル商品として認識したことがないものも含まれているかもしれません。

しかし、これらはデジタル商品そのものです。 人々が自分の知識や経験をもとに、これらの仕様のいずれかでデジタル化した教材のことです。簡単に言うと、デジタル商品とはある 1つの「知識」のことを指します。ですから、形式は何でもいいのです。

重要なのは、まずあなたが「デジタル商品」を作らなければオンラインビジネスをスタートさせることはできないということです。デジタル商品なしでオンラインビジネスは成立しません。シンプルなことです。

今後も拡大し続ける
ビジネスチャンス!

事実、デジタル商品を使ったオンライン学習市場は今度も拡大する一方です。

オーディオ・ブック販売会社のオーディブル・ドット・コムはアマゾンに 300 億円で買収されました。フォト ショップのチュートリアルのようなオンライン学習を扱う会社、リンダ・ ドットコムはリンクトインに1500億円で買収されています。

あなたもよくご存知のリクルートは、学生向けのオンライン学習会員サイトを立ち上げて、会員数は80万人を超えています。教育最大手のベネッセも、オンライン学習プラットフォームに巨額を投資し、日本で立ち上げている最中です。

あるいは、アマゾンの売上統計をチェックしてみてください。現在、電子書籍の売上が紙の本の売上をはるかに上回るようになっていることに気付くでしょう。

あなたは iPhoneやiPad の販売台数を知っていますか? 10 億台以上です。人々は何のためにそれらを買うのでしょう。その1つはデジタル商品を見るためです。そのデジタル商品を私たちは作ろうとしているわけです。そして、あなたの周囲を見回してみてください。知識にお金を払う人が増えてきているでしょう。

実際、「現代経営学」あるいは「マネジメント」の発明者と呼ばれるピーター・ドラッカーは、こう言いました。

「我々は知識経済へと移行している」

これは、肉体労働よりも知識に対価が支払われる時代ということです。 人々は何をするかよりも、何を知っているかに対して多くのお金を払っています。ほとんどの先進国で、主要な労働形態としては、知識労働が肉体労働に取って代わっています。今では大半の人が「知識労働者」であり、手よりも頭を使って働いています。

このようなトレンドからして、デジタル商品の産業は、素晴らしいビジネスとして、将来にわたって末永く存続するものだと私は信じています。

あなたの「知ってる」は
誰かの「知らない」

あなたはきっと自分に、売れるデジタル商品が作れるだろうか? と考え始めているでしょう。

重要なことは、あなたの「当たり前」は、他の人にとっては「当たり前ではない」ということです。ある人にとって趣味でやっているガーデニングが、別の人にとったら学びたいことかもしれません。ある人にとって当たり前のように操作できるコンピューターは、別の人にとっては苦手で解決したい分野かもしれません。

ある人はお腹周りの脂肪を10キロ減らしたいのかもしれないし、クレジットカードで作った借金から解放されたいかもしれません。あるいは、パートナーを見つけて結婚して末永く幸せに暮らしたいかもしれない。

今の時代、誰もが多種多様なニーズを持っていて、あなたはそれに自分の知識や経験、情熱で応えて、しかもそれに対してお金を払ってもらうことすらできるのです。今の時代は知識こそ大きな財産です。知識はパワーです。

たった1つの「デジタル商品」であなたに何が起こるか?

そして繰り返しますが、このトレンドは始まったばかり。そして、あなたにとっては、自分のビジネスでのブレイクスルーや、あなたの望むライフスタイルを手にするには、文字通り1つのデジタル商品でいいのです。

もしあなたがデジタル商品を作って自分の知識や体験を共有し、人々が学び、実生活で使いだしたら、彼らに何が起きますか? そしてあなたには何が起きますか? あなたはどんな気持ちになるでしょう? あなたの人生はどう変化するでしょう? あなたの愛する人たちにどんな影響があるでしょうか? あなたが望む方法で幸せにしてあげられたらどう感じますか?

あなたの知識や経験、情熱を「デジタル商品」にして、オンラインビジネスにできたら、 どんな可能性が広がるか、見え始めてきたでしょうか?

書籍の内容
「あなたの知識・経験・情熱を
デジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」

  • 奇跡の始まりは、たった一冊の電子書籍からだった
    はじめに ・・・ 3

    PART1 私の人生を変えたできごと

    第1章
    31歳、無職。借金300万円から人生を逆転させたストーリー ・・・ 10

    成功者なんて周囲に誰もいなかった
    初めての電子書籍をリリース
    人生を変えた1つのテスト
    初年度から売上1500万円を達成
    有名人からも続々と依頼が!
    パソコン1台で寝室でも仕事ができる
    15年前の電子書籍が今でも売れ続けている!
    お金がかからず、寝ている間にも売ってくれる!

    PART2 デジタル商品とは何か?

    第2章
    情報トレンドと偉大なチャンス ・・・ 20

    デジタル商品とは何か?
    21世紀でもっとも価値のある必需品とは?
    学びのニーズが急増中!
    「遠隔教育」をより身近なものにしたインターネット
    数十兆円規模の情報産業
    破壊的イノベーションの台頭
    刻々と変わる教育の場
    破壊的イノベーションの例
    コンテンツビジネスは今なお追求すべき優れたビジネスなのか?
    あなたの「知ってる」は誰かの「知らない」

    第3章
    デジタル商品がもたらす巨大な利益 ・・・ 30

    デジタル商品のベネフィット
    場所の独立性
    価値による価格設定
    デジタル商品の種類と価格帯(エベンの例)
    デジタル商品があなたにもたらすレバレッジ
    大量ニッチ化
    「現代のグル」の仲間入りをする
    自分だけのニッチで頂点に立つということ
    デジタル商品をオンラインで販売するには何が必要?
    あなたがデジタル商品を作ってオンライン・ビジネスを始める理由

    PART3 売れるビッグアイデアの見つけ方

    第4章
    失敗しらずのニッチ市場を特定する ・・・ 42

    知識の金鉱を掘りあてる
    スタートはニッチ市場を特定することから
    「ニッチ」=「ニーズ」
    顧客のように考える
    新しいカテゴリーを作り出せ
    カテゴリーに名前をつける
    失敗しらずの3大メガ・ニッチ
    3大メガ・ニッチを構成するサブニッチ
    ニッチ・テスト
    カスタマー・アバターの創造
    あらゆるトピックスがビジネスに
    今やあらゆるジャンルでデジタル商品が求められている!
    「犬のトレーニング」を検索している人は2秒に1人
    あなたは本当に価値ある情報を持っている!
    市場の将来性を測る「ニッチ・テスト」

    第5章
    顧客を理解しヒットの準備を整える ・・・ 60

    デジタル商品における最大の過ち
    あなたの商品は顧客の成功にとっての障害物!?
    象牙の塔から降りてみる
    でも、ここに落とし穴が......
    地球上でもっとも稼げるビジネススキル
    ベストな質問2つ
    個人的な質問をするための秘訣
    目標は「理解すること」
    顧客の頭のなかに忍び込め!
    顧客の頭の中の会話に参加する方法
    パワーワードを探せ
    お金をもらってリサーチできる!?
    顧客インタビューの設計

    PART4 最短でデジタル商品を作る方法

    第6章
    アイデアを際立つコンセプトに変える ・・・ 76

    「コンセプト」「コンテンツ」「商品」3つの積み木
    「完成したコンセプト」とは何か?
    バラバラのアイデアを完成したコンセプトへ
    大半の人は何をすべきか分からない
    私たちはみんな時間不足
    あなたのアイデアに耳を傾けてもらう方法
    具体的な困難を解決するコンセプト作り
    アイデアをコンセプトに転換するデモンストレーション
    自己完結型コンセプトのポイント
    あなたの商品をうんと目立たせるには?
    人から求められる情報の作り方

  • 第7章
    価値あるコンテンツへと発展させる ・・・ 88

    コンテンツとはズバリ何か?
    3つのフレームワークを活用する
    その1----三位一体脳モデル
    脳同士の葛藤
    さあ、これが真実です
    その2----4つの学習スタイル
    「なぜ」タイプの学習者
    「なに」タイプの学習者
    「どうやって」タイプの学習者
    「どうする」タイプの学習者
    その3----3つの過ちネタ
    要注意! 解決策は〝一部〟だけ
    恐怖と願望のモチベーションで行動喚起
    つねに原点に立ち返ろう!
    コンテンツ作りの技を磨く方法

    第8章
    勝手に売れるデジタル商品を完成させる ・・・ 106

    売り込むのではなく、買われる
    商品設計のミス ――「データ・ダンプ」
    放っておいても売れる商品とは?
    特典で付加価値を追加する
    「ドリル」と「穴」の関係性
    商品は問題解決ではない
    ハイエンド商品のタイミング
    自分の知識をできるだけ高い価値のある仕様で商品化する
    完璧な商品でなくてもいい理由
    商品の展開の仕方
    第2の商品作成2つのポイント
    繰り返しの収 益 ――「定期購読」
    インタビュー 形式の定期購読2つのポイント
    もはや在庫を持つ必要すらなくなった
    「商品」より「システム・メソッド」を考える
    核心を大きなニーズに合わせよ
    ホルヘ・クルーズのちょっとしたコツをもう1つ
    忘れることのできない商品名を作る
    彼らの感情の引き金になっているのは何か?
    忘れられない名前の要素
    ヒットを生み出したネーミングリスト
    どの名前もパーフェクトではない
    100ページの本と1-2日間のトレーニングを作るエクササイズ

    PART5 爆発的に売るマーケティング技術

    第9章
    買われるマーケティングの仕組み ・・・ 132

    マーケティング恐怖症
    モノを買うのはいつでも楽しい!
    自分のことではなく顧客のことを話す
    自分の商品の価値を翻訳する
    時間やお金をどれだけ節約できるか?
    商品の価値を顧客が理解できる言葉に翻訳するエクササイズ
    すべてはテスト
    コンバージョンを促す7つのステップ

    第10章
    パワフルなコミュニケーション手法 ・・・ 140

    1000円の本と10万円でも売れる本の違い
    コミュニケーション効果が3倍に
    1人の顧客のための商品
    コミュニケーションのための原則
    コミュニケーションの扉を開く
    パワフルなコミュニケーションのための7つの原則

    PART6 あなたの商品を世の中に送り出す

    第11章
    商品の販売を成功させる究極の秘訣 ・・・ 152

    単発で販売するという過ち
    もっとも価値あるアイデアを無料で提供する
    ライバルから一歩抜け出すために
    顧客リストを持っている相手と関係を作る
    オプトイン・ページの例
    ローンチ用にオプトイン・ページを作成する
    今すぐ申し込むための強力な動機付け

    第12章
    最強のツール「Eメール」の活用 ・・・ 160

    マーケティングのキラーツール「Eメール」
    コミュニケーションのしすぎはあり得ない!
    Eメール・チェックリスト5
    学びとグロースマインドセット
    変わるのはまず「自分から」

    おわりに

新刊発売キャンペーン!
2,980円の書籍を
今なら無料でどうぞ!

※送料・手数料550円のみご負担ください

あなたがデジタル商品を作ってオンラインビジネスを始める8つの理由

  • 1 フレキシブル

    あなたが一番やる気があってクリエイティブな時に自分の都合で働けます。朝でも夜でも好きな時間に!
  • 2 ローコスト

    非常に低いコストで商品を作ってビジネスを始められます。しかも、全てデジタルなので印刷をする必要がなく、何度も繰り返し商品を売ることができます。
  • 3 拡張性がある

    10倍のデジタル商品を売るために、10倍働く必要はありません。大きな倉庫も、製造工場もいりません。全てオンライン上で提供できるからです。
  • 4 移動が自由

    どこからでも仕事ができます。私はここ3ヶ月、自分のノートパソコンだけ持参してヨーロッパ旅行をしてきました。
  • 5 収益性が高い

    他のビジネスモデルと比較して、コストは低く利益率が高いのは大量の在庫を抱える必要がないからです。
  • 6 有意義

    人助けからえられる充実感や幸福感は、それだけで素晴らしく楽しいものです。驚くような人と友人になれますし、有名になることも可能です。
  • 7 副業からでも始められる

    副業やサイドビジネスからでもいけます。あなたが自分のビジネスを持っているならそのビジネスと組み合わせて利益率を大きくあげることもできます。
  • 8 自分を発信できる

    世の中にあなたを発信できます。最初は恥ずかしいかもしれませんが、世の中に自分の生きた証を残している気持ちになり、ワクワクしてきます。

エベン・ペーガンについて

米国の起業家。これまで10年以上にわたり、世界中の数百万人の人に、人生におけるプライベートと仕事面の両方で成功する方法を教えてきた。オフィスも持たずに、スタッフも完全なバーチャルチーム(在宅)にも関わらず、ビジネスを始めてわずか10年で10のブランドを立ち上げ、総額100億円以上のコン テンツをオンラインで販売した実績を持つ。

世界一のコーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズのマネー・マスター・プログラムの講師の一人として、他の有名なビジネス・リーダーたちとともに招かれたり、ヴァージン・グループの創始者、リチャード・ブランソンから対談相手に選ばれ、ヴァージン・ユナイトという慈善活動に数千万円も貢献した。

カナダのカルガリーで行われたイベントでは、F.W.デクラーク(元南アフリカ大統領、ノーベル平和賞受賞)、ダライ・ラマ14世(チベット仏教最高指導者、ノーベル平和賞受賞)、トニー・シェイ(ザッポスCEO)らとともに、賢者の一人として公演をおこなっている。

米国の起業家向けのトップスクールの一つであるUSCマーシャル・スクール・オブ・ビジネスにも講師として招待され、そこでも自分が持っている知識でデジタル商品を作り、オンラインで販売する方法を指導する。

NLP(神経言語プログラミング)、心理学、脳科学にも造詣が深く、最新の研究結果が存分に含まれたコンテンツはクオリティの高さに定評がある。

新刊発売キャンペーン!
2,980円の書籍を
今なら無料でどうぞ!

※送料・手数料550円のみご負担ください

カスタマーレビュー  ※お客様個人の感想です。

新刊発売キャンペーン!
2,980円の書籍を
今なら無料でどうぞ!

※送料・手数料550円のみご負担ください